フードテックの強み

1. 食の提案型企業であること

食のバリアフリー

スマイルケア食通食、やわらか食、ミキサー食

食という言葉は、人を良くすると書きます。まさしく、自然の恵みを食事することを通して摂取し、その栄養・エネルギーで健康を維持し、社会生活を営んでいるということを思えば、自然の中で、『食』で生かされている私達であります。
食事がおいしいということが、どれほど私達に感動を与えてくれることでしょう?どんな方にも、旅行先やあのお店で食べた忘れられない食べ物が、いくつかあることでしょう。
そんな感動を目標に、皆様においしい惣菜をお届けすべく商品開発を進めております。

さて、食のバリアフリーとは、同じ惣菜の名前の製品で、普通食・やわらか食・ミキサー食の3形態を持つ製品を企画していこうとするものです。和・洋・中のメニュー盛りだくさんの普通食、歯でかむ力が弱まってきた高齢者向けのやわらか食、さらに、やわらか食も噛むのが難しくなった方向けの飲み込むだけのミキサー食と3形態ございます。介護の必要な方と同じテーブルで同じメニューでお召し上がり頂けますように、また、テーブルを囲んだ方がおいしいと感じて食の喜びを共有して頂くために、食のバリアフリーを推進して参ります。

お客様ニーズに応える製品作り

ご家庭で同じテーブルを囲むのが、大変難しくなってきている家庭環境、私達の食事スタイルも、10人いれば10通り、お客様ニーズは多種多様の状況です。しかしながら健康を維持するために食事の役割は大変重要です。そのため、忙しい方にも食事をきちんと取って頂きたいというのが弊社の願いです。そこで、『個』にこだわった製品開発を続けております。おかずセットや、調理済み冷凍惣菜は、そんなあなたのニーズから誕生しました。ご家庭のニーズに応じてお役立て下さい。

2. 食の安心・安全へのこだわり

FSSC22000の認証取得・HACCP・トレサビリテイー

食の安心・安全

フードテックでは、お客様が必要とされる情報をできる限りお知らせする、開かれた食品づくりを実現するために、外部認証取得を推進しております。品質保証体制の評価を自社の観点だけでなく、外部の視点で客観的に評価し、更に水準を高める目的でFFSC22000(本社:管理部門、第二工場:ミキサー食の製造)の認証を2014年1月1日に、HACCP(本社工場:ミキサー食の製造)の認証を2015年12月1日に取得いたしました。この流れを継続して、常に品質保証水準の向上に向けて努力を続けてまいります。
また、HACCP、トレサビリテイ―につきましても安心・安全への取り組みのコーナーで、フードテックのこだわりをご確認下さい。

3. セル生産方式

セル生産方式
セル生産方式

フードテックでは、お客様ニーズにお応えするために、多品種少量生産を実現するシステムを自社開発しました。過剰生産を防げるムダの少ないシステムです。商品開発が『個』にこだわっておりますので、製造も『個』にこだわりました。時代の変化に対応できる生産方式です。